面接で印象を良くするには、服装が重要なキーポイントになります。面接だというのに、ラフでカジュアルな服装はアウトです。社会人であれば最低限スーツに則した服装にして、学生は制服があれば制服で受けます。スーツがなくても、襟付き袖付きの白系のシャツにジーンズではない色が紺か黒のズボン、もしくはスカートで受ければ特に問題ないでしょう。
身だしなみとは、相手が不快にならない程度の身支度です。ヒゲや髪型を整えれば十分ですが、接客業では髪の色やピアスにも制限があります。そのため、もし可能であれば客として店に出向き、スタッフの身だしなみを確認しておくことです。そうすれば、身だしなみのボーダーラインがわかりやすくなります。面接に合格して実際に働きはじめる際も、スタッフの服装を確認してそれを参考に身だしなみを整えておけば、浮くことはありません。職場で浮く感じがするというのであれば、周りのスタッフの真似をすることです。
自分の服装にポリシーがあり、それを変えたくなという人もいるでしょう。しかし、客側からすればスタッフのポリシーなどは関係ないため、不快感を与えてしまうだけです。どんなに勤務態度が真面目でも、社会的に身だしなみが通じない人は理解されません。基本的に第一印象は外見で決まるので、外見で判断したくないからと浮くような服装では、非常識な人間のレッテルを張られて損をしてしまいます。中身を見て欲しいと思うのであれば、最初に身だしなみで不快感を与えないように気をつけることです。第一印象が良ければ成功する可能性も高くなるので、清潔感を心がけて爽やかな笑顔で臨みましょう。
参考URL>>>http://impression-midashinami.com