身だしなみを整えると、印象がよくなるのは事実です。面接では、面接官はまず入ってきた時から身だしなみをチェックします。髪が明るければ、真面目でないイメージや怖いイメージがつくものです。服が整っていなければ、清潔感がないというイメージがつきます。しかし、それらが整ってれば、真面目なイメージや清潔感があるイメージを与えることが可能です。身だしなみを整えておくだけで、メリットがたくさんあります。
社会人となれば、身だしなみが整っていてこそ当たり前です。身だしなみを整えるということを、どこで学んで身につけたのかというと、それは学校です。学校は、さまざまな経験を通じて、社会人になるために生徒たちを最高な状態で卒業をさせてくれます。学校では、頭髪や服装の検査があるでしょう。先生たちがとても厳しく指導をするため、時には嫌な気持ちになったり怠くなったりします。しかし、この頭髪や服装の検査が将来に繋がっているのです。厳しく指導を受けたからこそ、今きちんとした身だしなみで社会人として働くことができています。学校ではどんな時も失敗が許されますが、社会では失敗が通用しない場面も数多くあるのです。
身だしなみ整える際に忘れてしまいがちなのが、爪です。爪はあまり見られていないと思っている人もいるようですが、実は一番と言っていいほど見られていたりします。爪で、清潔感があるかないかを判断されることは多いです。そのため、身だしなみを整える際は爪を清潔にするのも忘れないようにしましょう。